« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

「観国之光」と都見物

※「観光」と「」をつけた場合は、「観光」の用例、もしくは単に「観光」という単語を指します。「」のない“観光”は現在使われている意味での観光を指します。

「国の光」を見出すために、まずどこを観察するか、あるいは主要な観察地域の第一はどこかというと、やはり都を中心とする地域といえるでしょう。実際に都を「観光」するという表現は古くから見られます。

『宋高僧傳』には、「觀光上京」、「觀光兩京」、「京闕觀光人」ほかの表現が見られますし、五山文学では、虎關師錬(1278~1346)の『濟北集』の「觀光上國」、雪村友梅(1290~1346)の『雪村和尚岷峨集』の「京國觀光」ほかの表現が見られます。仏僧の行動ですから、観光を楽しむというようなことを表現しているわけではないでしょうが、その行動の中に観光的な部分が生じていたとしても不思議ではないでしょう。

孟浩然の「送袁太祝尉豫章」という詩に「何幸遇休明 観光来上京」という一節があります。「盛んな時に生きるのはとても幸運なことで、都の観光までできた(休明は、君徳が大きく明らかなこと)」というような意味で、これは都の観光つまり都見物に近いものではないかと思います。

近代デジタルライブラリーで「観光」を検索すると最も古いものとして『作文便覧』(明治10年)が出てきます。その中に次のようなものがあります。

「約農人觀光於上國」

これに関連する文章はくずし字で、今のところ一部しか判読できていないので、内容についてのコメントはできませんが、主体がが「農人」なので、これは都見物ではないかと推察されます。

なお、画像には、元の所有者か誰か読者が書いたメモ書きがあり、「ミヤコケンブツ」とあります。

(2015.7.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

「観光」と「アウトドアレクリエーション」

「観光」は「観る」ことが第一義にあるわけですが、「観光」に、ハイキング、登山、スキー、キャンプ、海水浴などのアウトドアレクリエーションを含めて扱うようになったのはいつごろか。

それは戦後ではなく、戦前の資料に確認されます。

滋賀県が、昭和12年から『滋賀県観光叢書』十輯を順次刊行しましたが、その中に次のように書かれています。

滋賀県観光叢書
  本県観光指導参考書の定本
  あらゆる観光対象の紹介案内

第一輯 神社詣で
第二輯 ハイキングコース
第三輯 スキー適地案内
第四輯 観光手帳
第五輯 名園めぐり
第六輯 釣と釣場案内
第七輯 寺院巡拝
第八輯 名勝めぐり
第九輯 キャンプ適地案内
第十輯 史蹟と伝説

※上記のうち第六輯までは存在を確認していますが、その後のものはわかりません。

観光に含めるとはいえ、スキー観光とか登山観光とかの表現は、現在でもほとんど使わないわけですが、『十和田歌詩句集』(大正4年[近デジ])のなかに、「登山観光者」という表現がみられます。

(2015.7.17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

喜賓会で用いられた「観光」

喜賓会は、外客接遇のあtめに明治26年3月に設立された組織ですが、その目的の中に「・・・行旅の快楽、観光の便利を享受せいめ、・・・」と記されています。

これについての直接の史料としては『喜賓会解散報告書』がありますが、そのほかには例えばジャパン・ツーリスト・ビューローの『回顧録』(昭和12年)に掲載されています。

設立当初、新聞にはどのように扱われているのだろうと東京朝日新聞を見てみましたが、関連する記事はありませんでした。

新聞記事では、明治37年4月21日に「●外人来遊勧誘」という記事があり、「喜賓会は・・・・・・我内地旅行観光に・・・」というのがあります。

この2つの「観光」の用例には、行旅ないし旅行と観光が並んで記されており、このことが、「観光」の語源が表しているものを改めて考えてみるきっかけの一つとなりました。

語源の「観国之光 利用賓于王」は、簡単にいうと、国・地域を観察して、徳が盛んな様(光)を見たら、その王(徳高き王者・為政者)に仕えるのが良い、というような意味です。

これをよく考えてみると、観察する国・地域までの移動については言っていないということがわかります。徳高き王者は、自分の国にいる場合もありますから、移動に言及しないのは当然のことといえます。(だから、「観光(の語源)」には、もともと国内とか国外(国際)とかないわけです。「他国へ行く」としてしまったら、自国に徳高き王者がいたときに、「利用賓于王」の占が不能になってしまいます。)

目的地までの移動のことは「観光」には含まれないから、旅行・行旅と観光が並んで記載されているのではないか、と理解されるわけです。

現在でも、例えば「京都観光」といえば、京都の中を指して、アクセスは含めません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京朝日新聞 明治36年12月24日 近県旅行の栞

記事は箱根の部分の抜粋です。

「観光の客を待ちつつあり」と「観光」の文字が見られます。

M3612247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »