« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年2月19日 (木)

「観国之光」から現在につながる「観光」へ-それを捉える考え方

『易経』の「観国之光」から「観光」という言葉が生まれ、そこから新しい使い方として現在の観光につながる使い方、言い換えると、転意による使い方が生まれてゆきます。

その背景、経緯を捉える基本的な考え方として次のようなものが上げられます。

一つ目は、語源「観国之光」の解釈にある特徴で、それが残っていくことです。

語源の「観国之光 利用賓于王 (国の光を観る もって王に賓たるによろし)」の意味を簡単にいえば、「国(地域)を観察して光輝ある様を見出したら、進んで王に仕えるのがよい」というようなことです。
そこには、観察する国(地域)への移動についてはなにも書かれていません。王は自国にいるかもしれないしそうでないかもしれないから、どこへ行くというような意味を含むことはありません。
次に、光輝ある様は、総合評価のようなもので、特定の対象だけをみて判断するものではないということです。このことは、地域内の移動は必然であることを表しています。このことは、比較的早い時期の用例の中で、「観光順序」とか「観光日程」とかいう表現で現れてきたのではないかと考えています。

「観光」の語の使い方が広がってゆく中でその影響は薄れてゆきますが、初期においてはその影響が大きいと思われます。
(ここには内容は書きませんが、現在の「観光」の語の使われ方にも多少残っているように思います。)

二つ目は、「新しい時代が、新しい使い方を生む」ということです。新しい時代の雰囲気が新しい言葉・表現を求める、といっていいかもしれません。観光に関わるものとしては、特に、
    1.旅行の自由化
    2.交通機関を使った旅行(鉄道、船)
というものが、新しい時代を感じさせる大きな要因だと思います。
そして、文章の扱いを能くする人、進取の気性に富む人、想像力に富む人、情報に敏感な人などが、「観光」を使い始め、使い方・意味を敷衍させてゆくのではないか、と考えます。

三つ目は、「国民の旅行の増加が、「観光」を使う機会を増やしてゆく」ということです。

観光は、休日、休暇その他の自由時間(余暇時間)の中で、日常の生活域を離れる旅行(短距離の小旅行を含む)という形で、ないしは旅行の中で行われるものですから、国民の旅行の動向が、「観光」の語を使う機会の増加、普及に大きく関係していると考えられます。この観点を欠いての考察は意味がないと思います。

「観光」という言葉の認知についていえば、影響を与えたものとして、まず明治40年代前半に来日した韓国、ロシア、アメリカからの観光団の新聞記事が考えられます。朝日新聞(大阪、東京)では、連日、時に大見出しで紙面を大きく割いて報道しています。影響は新聞読者層に限られますが、当時の朝日新聞の発行部数が30万部前後で、目を引くような掲載をしたものは、他の主要紙を加えてせいぜい100万部程度以下ではないかと推測されます。

大正の広重こと鳥瞰図絵師吉田初三郎は、大正10年の鉄道省の『鉄道旅行案内』のヒットで広く名を知られることとなりましたが、大正14年に大正名所図絵社を解散し、「観光社」を設立します。機関誌『観光(KWANKO)』、のちに『観光春秋』という雑誌の発行もしています。交通事業者のほか、宿泊事業者、社寺等からも依頼を受けていますので、関係者には「観光」という言葉が伝わっていったことと推測されます。

昭和5年に鉄道省の外局として国際観光局が設置されますが、これにより、組織、機関名を含め、「観光」が使いやすくなったと考えられます。しかしながら、すぐに多くに広がったわけではないので、各地への旅行者(来訪者)の増加で関心が高まったことや、周辺での使われ方などが関係しながら増えていったと推測されます。
それ以前に設置に至る経緯の中で、また、議会の建議の中などで「観光」と言う言葉が登場していますので、関係者、関心のある者たちに「観光」という言葉が浸透したものと推測されます。

昭和5年に京都市が観光課を設置し、翌年それまでの案内所を「京都市観光案内所」として再整備しますが、これは京都駅前に大きく「観光案内所」と掲げています。これは、京都を訪れる人のうち、少なく見ても年間数百万人以上の人が目にしていたと推測されますので、一般への「観光」の浸透については、これが大きな影響を与えたのではないかと思います。

「観光」の使用は、旅行者の増加に伴い徐々に増えてきていますので、そこに上記のような事柄が重なってきたわけです。

「観光」の語は、使い方が示されたわけではないし、言わば新しい言葉として使われていくわけですから、その使い方には個人差を伴いながら、また上記の「三つ目」のところにあげた事柄などの影響を受けながら、現在のような意味での使われ方に近づいていったと考えられます。

例えば、現在は「視察」と「観光」は別ですが、初期には視察に「観光」が用いられていました。視察と観光を区別するような記述が現れる場面はあまりないと思われますが、確認できているものでは、明治30年代に入ると「視察」と「観光」を区別する記述がみられるようになります。が、明治43年の『観光私記』、これは、実業家の視察団「赴清観光団」の記録ですが、このように視察で「観光」を使用する人も残っていたわけです。、

内容はここには書きませんが、私が把握している史料(資料)から判断すると、概ね、戦前には、現在の観光につながる基本的な使い方が成立したといえます。

-----------------------------------

以前は、国会図書館の文献はタイトルの検索程度しかできませんでしたが、平成14年から「近代デジタルライブラリー」の提供が始まり、タイトルだけでなく目次の項目についても検索されるようになりました。また、提供される蔵書数もかなり増え、調査に関係する多くの文献を見出すことができるようになりました。

現時点では、「観光」の語の使われ方を調べるには、「近代デジタルライブラリー」で「観光」を検索するのは基本的な作業です(これをせずにあれこれいっている人もいるようですが話になりません)。

ほかにも「観光」の語が使われている資料の存在を確認する方法は色々あり、それらの内容を確認する作業を、手間暇を要するもの、費用を要するものなどあるので、どこまでやるかは大きな問題ですが、ある程度の全体像の見通しがつけられるくらいにはたどり着くのではないかと思っています。

当時の文献を読んでいるなかで、見出された「観光」の語もいくつかあります。そのようなものも加えてどこまで進むか、といところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資料掲載:東京朝日新聞広告 6件

次の広告記事を掲載

明治44年2月23日 関西遊覧 都観光団会員募集
明治40年5月9日 博覧会みやげは絵葉書に限る
明治42年7月13日 競馬観覧兼観光船
大正4年9月25日 観光便覧 東京案内
大正15年7月17日 強羅温泉 観光旅館
大正5年8月2日 佐渡観光臨時汽車

***********************************
明治44年2月23日 関西遊覧 都観光団会員募集

関西遊覧都観光団会員募集

廻遊期間  十日間 三月十日 十九日至る
目的  熱田参拝、伊勢参拝、二見鳥羽行、月ヶ瀬観梅、畝傍御陵参拝、奈良巡行、宇治、京都保津川下り、近江八景
会費金一百円也取扱は総て一等に準ず
主 催     大日本ホテル株式会社
申込所      帝国ホテル
       築 地 精養軒ホテル
       尾張町 林家旅館

-----------------------------------

主催の大日本ホテル株式会社は、明治33年開業した都ホテルの運営にあたる会社として明治40年に設立された会社です。

目的をみると、当時の日本人の観光の興味対象の一端がわかります。

-----------------------------------

※この広告についての寺前秀一氏のコメントは「1911年2月23日東京朝日新聞朝刊に、帝国ホテルが受け付けるところの関西遊覧都観光団会員募集広告、・・・広告等がありますが、これらも外国人向けでしょう。」というものです。

※帝国ホテルが受け付けるから外国人向け? 外国人がこの記事を読んで、皆帝国ホテルに申込に行く? 英字新聞もあるのに、わざわざ日本語の新聞に広告を出すとは。常識をはるかに超えたコメントです。

※精養軒ホテルや林家旅館はなぜ出さないのでしょう。ここにも外国人が申し込みに行く?都合が悪いところ出さない、それが寺前氏のやりかたですね。そんなことしても、おかしなことはいずれわかります(もう明らかだけど)。

***********************************
明治40年5月9日 博覧会みやげは絵葉書に限る

博覧会みやげ絵葉書に限る
安くて便利で重宝で大に気がきいてます

博覧会ゑはがき
油絵日本観光
東京名所
和  楽
漫画ハガキ今昔六種
学生ポンチ

発売元 東京本町三丁目 博文館 発行所 東京小石川久堅町 日本葉書会

注:各葉書の作者、金額等は省略

-----------------------------------

この博覧会というのは、時期からすると「東京勧業博覧会」で、これは、内国勧業博覧会が終わり、それを引き継いだものといわれています。

全国から680万人が訪れたそうです。

-----------------------------------

※この広告についての寺前秀一氏のコメントは、「博文館発行の博覧会土産の絵葉書ー油絵「日本観光」ーの広告が典型的なものです。日本観光とあるからには日本人よりも外国人向けではないかと思いますが、日本語の広告なので効果があったのか不思議です。」というものです。

※「日本観光とあるからには日本人よりも外国人向けではないかと思いますが、日本語の広告なので効果があったのか不思議です。」という捉え方がなんとも常識離れしています。いちおう書きますが、「日本観光」が外国人向けで、他の5種は日本人向け?広告という以前に日本の日本語で書かれた新聞ですから、購読者は日本人です。

※全国のものを扱っていれば「日本」と表記するでしょうし、だからといってそれが外国人向けということにはなりません。日本語で書いてあれば普通は日本人向けです。

***********************************
明治42年7月13日 競馬観覧兼観光船

競馬観覧兼観光

会期中烏港に碇泊し旅館に代へ価格低廉にして便利なり避暑によし観光によし敦賀より烏港迄僅々四十時間
九月一日敦賀港出発同廿三日同港へ帰着乗員三百名を限る会費特等百五十円、上等百二十円、並等六十円、〆切七月二十五日希望者は左へ申込まるべし明細書を呈す

神戸市三の宮町三丁目 百六十番マツケー商会内 烏 港 競 馬 観 覧 会

-----------------------------------

この広告の競馬というのは、この広告の右側に掲載された「空前壮挙 日露大競馬」という広告にあるものです。この広告の中に「烏港競馬観覧の為め団体観覧船を特発し会費は頗る低廉・・・」とあるのが上記の広告にあたります。ほかに「当会の入場切符持参の方へは大阪商船会社浦潮行三割引にして同地旅館の設備あり」とあります。

競馬開催日は、九月五日、八日、十二日、十五日、十八日、十九日なので、観覧しない日仁観光できるわけです。

明治42年にこのような旅行がされていたことは興味深いことです。

-----------------------------------

※先の寺前秀一氏のコメントのこの広告についてのものは「1909年7月13日東京朝日新聞朝刊にロシア人相手と思われる「競馬観覧兼観光船」広告、」というものでしたが・・・。日本に来たロシア人が観光でロシアに行く?
※寺前氏は、「戦前において世間では「観光」は用例的に「国際観光」を指す」と主張していて、それにあわせるための数々のこじつけには、うんざりしあきれていましたが、これはその姿勢が裏目に出たようですね。
※この広告に限らず、記事をきちんと見ていないものがいくつかあり、いい加減な印象を持たざるを得ません。

***********************************
大正4年9月25日 観光便覧 東京案内

田中秀明著

電□□□□□東京□□、東京名所写真数十 優美携帯便利

観光便覧 東京案内

名□旧跡□遊覧に止まらず、東京の□□□を紹介し□する所三十六章、交通機関会社商店観物娯楽等に至る迄詳細に説明せり観光客にとり最良の案内書也

再版
(略)
売捌 東京堂書店

注:□は印字不鮮明のため判読できなかった文字です。(下線は溝口による)

-----------------------------------

これまで確認したところでは、案内書の中の「観光客(観光の客)」という語は明治30年代後半から少しずつ増え始めています。

-----------------------------------

※この広告についての寺前秀一氏のコメントは、「・・・観光便覧「東京案内」の広告等がありますが、これらも外国人向けでしょう。」というものです。何を根拠にどのように考えると「外国人向け」がでてくるのでしょう。そう言い切ってしまえば‘通る’と思っているのでしょうか。

***********************************
大正15年7月17日 強羅温泉 観光旅館

明日の日曜は
 涼しい箱根へ
  風光絶佳
   強羅温泉 
観 光 旅 館
一泊食事付(茶代廃止)金四円
一泊十円日帰り六円以内で箱根回遊が出来ます

-----------------------------------

「観光」を旅館の名称に使ったということは、「観光」という言葉がそこそこ普及してきていた、ということかもしれません。そこに機敏な(小賢しい?)商売人が目をつけたか、純粋に言葉が気に入ったかどうかわわかりませんが、とにかく使われることになったわけです。
この旅館は、後の雑誌の広告では、ハイカーの宿として「ヒュッテ観光」というのも宣伝しています。
ほかに、
雑誌広告を見ていると、洞爺湖温泉に「観光ホテル」というのも見られます。

茶代は、旅行者にとってわかりにくい悩ましい問題であり、また不平の種にもなっていました。この広告より少し前の雑誌『旅』誌上でも論じられています。

箱根では、湯本の福住や底倉の蔦屋が、早くから茶代廃止にしています。
先の明治42年7月13日の「競馬観覧兼観光船」の広告と同じ紙面の江ノ島の岩本楼の広告にも「茶代席料不要」とあります。、

-----------------------------------

※この広告についての寺前秀一氏のコメントは、「茶代廃止とうたっていますので、外国人相手であることがわかります。」というものです。

※‘こじつけ’ということなのでしょうが、短絡的というか、背景の考察を欠いたいい加減なコメントです。

***********************************
大正5年8月2日 佐渡観光臨時汽車

八月十二日夕上野出発、寺泊より臨時汽船にて、佐渡が島に渡り、眞野御陵、日蓮上人遺蹟、佐渡金山其他の名所を観、新潟に出で、若松東山温泉を歴遊し、十八日夜上野帰着

佐渡観光 臨時 汽車

往復汽車賃 二等 六円五十銭(税共)

(外に汽船賃、宿泊料、車馬賃等にて十一円位を要す)
乗車券は上野駅及市内営業所(神田今川橋)にて発売す

東部鉄道管理局

-----------------------------------

両国川開きの臨時汽車は、鉄道開業の翌年から運転されたが、割引運賃の臨時観光列車、いわゆる遊覧回遊列車の類は、明治25年の、日本鉄道による「日光遊覧回遊列車」を始めとして、その成功もあり、民鉄や鉄道作業局により様々なものが実施されました。

松島遊覧、水戸の観梅、京都の観楓、小金井の観桜、伊勢の初詣、ほかに観月、松茸狩り、海水浴、氷滑観覧など様々なものが出てきました。

最初の日光遊覧回遊列車では、一列車あたり300名の定員ですが、応募が多く増発して運転されています。、

さて、佐渡観光臨時汽車は、これらの遊覧回遊列車の名称に遊覧ではなく「観光」が入ったように見えますがどうなのでしょう。

遊覧回遊列車をを見ると、特定の目的地(観光地、観光対象など)へ行くもの(その中のポイントでの回遊はある)のように思われますが、佐渡観光の方は、佐渡を含む越佐地域での周遊となっていることから、「観光」を使ったのではないかという推測が成り立ちます。「観光」の語の特性が表れているのではないかと思います。他の用例を見てゆけばそのあたりがはっきりしてくだろうと思います。

佐渡について付け加えると、戦前においては佐渡には外国人観光客はほとんど来ていません。「ほとんど」としているのは、物好きな人が何人か行っているかもしれないし、いないかもしれないけれども、そこまでは把握できないからです。『観光事業と佐渡』(昭和13年、佐渡観光協会)には、「近き将来に於ては、外人観光客も漸次其の数を増す事と思うが、・・・」とあり、また、観光事業の内容の中で、「宣伝の目的地は主に全国各地」としています。(国際観光事業については、国際観光局のものを紹介しているだけです)

-----------------------------------

※この広告についての寺前秀一氏のコメントは、「微妙なのものとして、1916年8月2日東京朝日新聞朝刊に、鉄道省が出した佐渡観光臨時列車 の広告が掲載されています。日本語の新聞ですから外国人への宣伝に効果があったのかわかりませんし、日本人が応募してきた場合に拒絶することも考えられません。」というものです。いったいどういう思考をしているのでしょう。こじつけにしても馬鹿げています。

※それから、「宇田正氏は『鉄道日本文化史考』(思文閣出版2007年pp173-185)「わが国の鉄道史と「観光」の理念ー巡礼・遊覧・観光」の中において、p.182「『観光」という言葉がこのときわが国鉄道業界で初めて用いられ、しかもそれは「国際」という限定をともなうものであった」「観光という旅行目的が当時のわが国においてはもっぱら外国人旅行者に固有のものと意識されていたことがうかがえる」」という紹介をしていますが、この広告を普通に見ることができれば、この記述に疑問を持つでしょう。

※この記事で、寺前秀一氏とのやりとりに関連した掲載は終わりにします。やりとりをしていて、その姿勢に馬鹿馬鹿しくなったので、「観光」の用例については、適当に拾ってあげていました。興味あるものは、そのこととは関係なく、適宜紹介してゆきます。
※現在の段階では、格付け風にいうと、寺前氏が書いた(書く)ものの評価はCマイナス・信頼性に欠ける、通常は読む気にならない、関心があるものを扱っているように思える場合は読むのではなく見て、扱っている資料に面白そうなものがあったら調べ直すことがあるかもしれない、という扱いになるでしょう。適切な対応をして修正が図られない限り、私のスタンスはそうなりますし、このブログのコメントも残ります。適切な対応が図られるなら、おかしなコメントなど邪魔なだけですから、すぐに削除するつもりですし、また、やりとりをする機会があるかもしれません。(2015.2.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »