« 「観光」という言葉 こぼれ話 | トップページ | 「観光」の語源:『易経』 観卦 「観国之光」  »

2009年5月19日 (火)

「観光」の語源に関連する記述に見られる問題点

※「観光」という言葉 5 ~観光丸にこだわることの誤り~ を書き換えました。
見ていたら長い記事が増えてしまいました。徐々に整理してゆきたいと思います。

2012年7月17日修正

「観光」の語源に関連する記述(文献、報告種類、講演録等)に見られる問題点にはつぎのようなものがあります。

誤:「観光」という言葉は、易経の「観国之光」から日本でつくられた言葉である

※これは明らかな間違いです。中国で「観光」という言葉が生まれ、日本に入ってきています。

誤:わが国で最初に「観光」という言葉が使われたのは「観光丸」である

※これは明らかな間違いです。
また、「観光」と言う言葉の歴史において、「観光丸」は用例の一つにすぎず、特別な意味を持つものではありません。意図を示さずに観光丸にこだわった記述をすることには問題があります。

誤:観光丸と名付けたのは永井玄蕃頭である

※永井玄蕃頭が命名したとする史料はみつかっていません。命名に関する史料から見ても永井玄蕃頭が命名したとは考えられません。

誤:「観国之光」は「観」には「しめす」の意味がある
誤:観光丸の「観光」は「光をしめす」、「国威発揚」の意味で用いられた

※この説には根拠がありません。
「観国之光」の「観」を「しめす」とする解釈は、近代以降日本で作られたもので、特に昭和5年に国際観光局が設置された際の説明から拡がったものと考えられます。江戸幕府は朱子学を奨励し、寛政異学の禁(1790)で朱子学を正学としています。幕府の軍艦ですから、観光は、当然、朱子学の解釈によると考えるのが妥当です。朱子の説明では、「観国之光」の「観」は、「しめす」ではなく「みる」です。
軍艦だから「光をしめす」、「国威発揚」という意味で使った、というのは、あまりにも単純な見方です。それなら、咸臨丸の「咸臨」はどういう意味か、ということになります。「国威発揚」とはかけ離れた名前です。「光をしめす」とする理由として、「観兵式」や「観艦式」をあげる人がいますが。これは見識がないとしかいいようがありません。観艦式の最初は観兵式の中で行われているので観兵式に絞って話します。「陸軍礼式」を見るまでもないとは思いますが、「軍隊を集合し整飾して観閲に供する式」を観兵式といいいます。これは、天皇や皇族などが観閲するわけで、天皇等に対して「しめす」などとはいいません。そもそも「光をしめす」という言い方が、江戸時代以前に自然に使われる表現だったかどうか。江戸時代以前の文献を多数読んでいますが、これまで「光をしめす」という表現は見たことがありません。

  ※「観兵」=「兵をしめす」という言い方はあります。『春秋左氏伝』に出ています。

誤:「観光」は、秦鼎の校本『春秋左氏伝』の注釈から広まったのではないか

※この説には根拠がありません。

誤:「国の光を観る」は、「為政者が民の暮らしを観る」という意味

※これは「位」の解釈を間違えています。「観国之光」は四番目の位で、これは為政者(王)の位ではありません。

<<「観国之光」の「観」は「しめす」ではない(朱子ほかの説明による)>>

 ところで、「国の光をしめ(観)す」という説明がありますが、「観国之光」の「観」の読みは「しめす」ではありません。「観」には、「みる」と「しめす」の意味がありますが、「観国之光」の「観」の意味は「みる」であるということは、朱子を始めとして中国の学者の説明にもあります。
 朱子によると「上より下に示すを観(去声)と曰ひ、下より上を観るを観(平声)と曰ふ。故に卦名の観は去声にして、六爻の観はみな平声なり」(『語類』)とされており、「観国之光」の「観」は「観る」となっています。

※去声、平声は発音の違いを表しています。学者によって異なる部分もありますが、「六爻の観」は「観る」であるということは共通しています。「観(しめ)す」は「上から下」へ示すものであるので、「国の光を観す(示す)」という言い方はどこか不遜な印象を受けます。
「上から下」へ観すのは「政」であり、その徳業の結果としての「光」を観る、というのが「観国之光」ということです。
単純に考えても「観(み)る」と「しめす」では、主体が異なります。掛詞ではないのですから、一つの文に二つの主体はおかしい。また、その場合六爻のそれぞれの位はどのように捉えるのでしょうか。そして、「観国之光」の「観」が示すの意なら、他の爻辞の「観」も示すとなるのでしょうか。

<<『易経』の「観光」と、現在使われている「観光」は区別しなければいけない>>

『易経』の意味の「観光」と、現在使われている「観光」は区別して捉える必要があります。現在使っている「観光」は、使われているうちに意味が変わっているからです。

「観」を「示す」とするのは、国際観光局を設置するまでの過程で、日本で付加されたものです。現在使われている「観光」が、易経の「観国之光」とは異なる意味であることを考えれば、易経から切り離された「観光」に、「光を示す」という意味が付加された、といえるでしょう。

『易経』に由来する「観光」は中国で使われてきましたが、現在日本で使われている意味での「観光」はほとんど使われず、「旅游(遊)」が使われています。ここで、「ほとんど」と書いたのは、全く使われていないというわけではない、ということです。よく調べないとわかりませんが、日本人観光客を意識して使うようになったのかもしれません。中国の「旅游」は tourism の意味ですが、「観光」は sightseeing的な意味で使われているように感じます。何人かの中国からの留学生に聞いた話でも、そのようなことでしたが、数人の話を鵜呑みにするのは、現時点では避けておきたいと思います。

<<間違った説明の原因:国際観光局の説明>>

「観光」の語源の誤った説明をする人が観光の分野の専門家・学者の間に増えた原因のおおもとは、おそらく、昭和5年に鉄道省に設置された国際観光局の命名についての説明にあると思われます。国際観光局の説明は次のようなものです。

「観光の字源は、周代に於ける易経の〝観国之光利用賓于王〟から出てゐる。なほ同じ易経に〝観国之光尚賓也〟と見えてゐるが、この場合の観は観兵式が兵威をしめすと解せられるやうに、輝かしい国の光をしめし賓客を優遇する意味と取られ、これは大帝国の建設者たる天分を誇つてゐた古代ローマ人シセロの云ふ〝ホスピタリタス(歓待)は国家のほまれなり〟と共に東西相通じて観光が大国民の襟度と衿恃をしめすものであることを教へてゐる。異国の人々を誘致し、こヽろよく優遇することは、比類なき歴史、伝統、風光、文化を有するすぐれたる国にしてはじめてよくこれをなし得るのであつて、いはゆる長者の落付は自らの国力国情に対する確信と、その確信から生ずる気持ちの余裕から生まれるのである。駸々乎として進んで止まざるわが国柄であるからこそ、観光国日本として、その姿を惜みなく外国に宣揚し、七つの海から国の光を慕つて寄り集ふ外人に歓待の手をさし延ぶべきである、と云ふ大抱負が、すなはちこの観光局の命名となったのである。」

また、これに関連して、井上萬壽蔵の説明が昭和15年発行の『観光読本』に載っています。

「さらにこの文字の由来をさぐればもともと観光といふ文字は支那の易経といふ古い書物のなかに「観国之光」とある文句から取つたのでその意味は一国の風光文物を観賞するといふことであるから、国際的な意味から起こつたことはいふまでもない。なほ、「観」の字には観兵式の熟語におけるやうに、「しめす」といふ訓み方もあるので、一方においては観光とは国の光を他国にしめすことであるといふ解釈もなり立つのである。しかし「みる」と「しめす」とは同一の事がらの二つの現れであつて、ツウリストからいへば「みる」であり、国からいへば「しめす」といふことになるのでけつして矛盾ではない。」

この説明は、戦後に発行された井上の著書にも掲載されていますので、既に紹介した誤った説明の例の説明文と比較して、おそらくこれらがもとになっているものと推察されます。

|

« 「観光」という言葉 こぼれ話 | トップページ | 「観光」の語源:『易経』 観卦 「観国之光」  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114690/45059876

この記事へのトラックバック一覧です: 「観光」の語源に関連する記述に見られる問題点:

« 「観光」という言葉 こぼれ話 | トップページ | 「観光」の語源:『易経』 観卦 「観国之光」  »