« 続:適正収容力・地域容量 | トップページ | 問合せ »

2008年1月11日 (金)

不易流行

1年数ヶ月放置したままになってしまいました。
久しぶりの更新です。

「不易流行」、芭蕉の作句理念の一つです。

「不易」と「流行」を分けてしまったら、それは芭蕉固有のものではなくなってしまいます。
でも不易流行を俳諧ではなく一般的にあるいは他の分野で用いる人の多くは、「不易流行とは、芭蕉の・・・」と書きながら、「不易」と「流行」を別々に述べて終わりにしている人が多いように思われます。
この人「わかっているのかな?」と首をかしげたくなります。
私も深く理解しているかどうかは怪しいですが、別にしたままにはしません。

さて、「不易流行」という言葉はどこに出ているのでしょうか。詳しくわかっているわけではないので、まずすぐに思いつくものを紹介しておいて、あとで気がついたら追加してゆくことにしたいと思います。

『去来抄』 修行教    ワイド版 岩波文庫

「去来曰、蕉門に千歳不易の句、一時流行の句と云有。是を二ッに分つて教へ給へども、其基は一ッ也、不易を知らざれば基立がたく、流行を辨へざれば風あらたならず。不易は古によろしく、後に叶ふ句なれば、千歳不易といふ。流行は一時一時の變にして、昨日の風今日よろしからず、今日の風明日に用ひがたきゆへ、一時流行とは云はやる事をいふなり。

(中略)

魯町曰、不易流行其基一ッとはいかに。去来曰、此事辨じ難し。あらまし人躰にたとへていはゞ、先不易は無爲の時、流行は座臥行住屈伸伏仰の形同じからざるが如し。一時一時の變風是也。其姿は時に替るといへども、無爲も有爲も元は同じ人也。

(中略)

魯町曰、不易流行の句は古説にや、先師の發明にや。去来曰、不易流行は萬事にわたる也。しかれども俳諧の先達是をいふ人なし。・・・・・・・」

この最後の部分を見るとわかるように、「不易流行」は芭蕉の発明ということではありません。しかしながら、俳諧に取り入れたのは芭蕉が最初ということです。

芭蕉の発明ではないけれども、「不易流行」を明確な意図を持って使ったという意味で、芭蕉の不易流行は意味があると思います。

不易とは、変わらないもの、本質、伝統、流行とは、文字どおりということですが、その時々で変わるもの、新味、というようなものという理解でいいと思います。
この二つを合わせ持つのが不易流行ということです。

古池や蛙飛こむ水のをと

この句を芭蕉自身も不易流行のの句と捉えていました。

ここでは、不易は古歌の伝統、流行は新味という見方です。

「古池」に「蛙」を合わせる。「古池」から「蛙」へとつながる流れ、リズム、。これが古歌の伝統です。このままの流れ、リズムのままでゆくと、「蛙」には「鳴く」、「鳴き声」というものが合わせられます。
ここで、伝統の流れ、リズムの余韻を残しながら、同じ音でも、「鳴き声」ではなく飛こむ「水のをと」を合わせたところに新味があるわけです。

このことは、杜哉(とせい)の『芭蕉翁発句集蒙引』の中に「蛙声(あせい)を詠ずるの古轍を追はず」と評されています。

芭蕉の不易流行については、土芳の『三冊子』や支考の『梟日記』などにも記されています。

(後日書き続けます)

|

« 続:適正収容力・地域容量 | トップページ | 問合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114690/17642733

この記事へのトラックバック一覧です: 不易流行:

« 続:適正収容力・地域容量 | トップページ | 問合せ »