« 適正収容力・地域容量 | トップページ | 不易流行 »

2006年8月16日 (水)

続:適正収容力・地域容量

例:ケーブルカー、ロープウェイの定員
 ケーブルカーやロープウェイには、すいていない限り、乗客一人ひとりにゆったりとした空間は与えられません。ロ-プウェイでは、満員の時に真ん中に乗ると景色を楽しむどころではなく、早く着かないかと思うほどです。
 しかしながら、大きな車輌や搬器にしてしまうと、建造費はもちろんのこと通常の維持管理費も高くなり、採算がとれなくなってしまいます。混雑期には乗客に心理的肉体的な負担を強いることになりますが、運営に支障のない大きさと定員を設定する必要があります。
 これは、経済的収容力(economical capacity)というものです。

特定の施設を対象に考えると、経済的収容力(economical capacity)は、単純に経営の問題といえますが、これを観光地というような地域の問題に適用すると、一般的な施設経営の問題とは異なってきます。

「屏風と商売は広げ過ぎると倒れる。」という言葉が言い伝えられています。これは老舗の哲学というようなものでしょうか。
広げすぎると、品質・サービスの維持が難しくなります。また、客層(ターゲット)が広がると、本来の客とは異なる客を相手にするようになり経営方針を変える必要が生じます。言い換えると、経営の不安定要因が増加するといえます。だから「広げすぎる」と倒れます。

この言葉を観光地という地域の経営に当てはめると「身の丈にあった開発」が必要ということになります。

例:汚水(し尿)処理能力
 観光客が来るようになると観光客が利用できるトイレが必要になります。一般には、そのようなトイレは無料で使用できます。
 観光客が増え、混雑期で利用が集中するとトイレの利用も増えるので、それに見合った処理能力が必要になります。しかしながら、集中する観光利用に合わせた処理を行える施設をつくるとなると地元の負担が過大になるおそれが生じます。
 観光客の消費が地元に落ち、そこから十分な税収があがることによって、観光客用の処理能力がまかなえることになるわけですから、地元で十分に消費してもらえる仕組みがないと、観光客向けの利便施設が地元の負担になってしまうおそれが生じます。
 つまり、地元の身の丈に合った観光客数に抑えないと、地元にとってマイナスになるおそれがあるということです。これも、経済的収容力の一つです。

|

« 適正収容力・地域容量 | トップページ | 不易流行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114690/11455597

この記事へのトラックバック一覧です: 続:適正収容力・地域容量:

« 適正収容力・地域容量 | トップページ | 不易流行 »