« 2006年2月 | トップページ | 2008年1月 »

2006年8月16日 (水)

続:適正収容力・地域容量

例:ケーブルカー、ロープウェイの定員
 ケーブルカーやロープウェイには、すいていない限り、乗客一人ひとりにゆったりとした空間は与えられません。ロ-プウェイでは、満員の時に真ん中に乗ると景色を楽しむどころではなく、早く着かないかと思うほどです。
 しかしながら、大きな車輌や搬器にしてしまうと、建造費はもちろんのこと通常の維持管理費も高くなり、採算がとれなくなってしまいます。混雑期には乗客に心理的肉体的な負担を強いることになりますが、運営に支障のない大きさと定員を設定する必要があります。
 これは、経済的収容力(economical capacity)というものです。

特定の施設を対象に考えると、経済的収容力(economical capacity)は、単純に経営の問題といえますが、これを観光地というような地域の問題に適用すると、一般的な施設経営の問題とは異なってきます。

「屏風と商売は広げ過ぎると倒れる。」という言葉が言い伝えられています。これは老舗の哲学というようなものでしょうか。
広げすぎると、品質・サービスの維持が難しくなります。また、客層(ターゲット)が広がると、本来の客とは異なる客を相手にするようになり経営方針を変える必要が生じます。言い換えると、経営の不安定要因が増加するといえます。だから「広げすぎる」と倒れます。

この言葉を観光地という地域の経営に当てはめると「身の丈にあった開発」が必要ということになります。

例:汚水(し尿)処理能力
 観光客が来るようになると観光客が利用できるトイレが必要になります。一般には、そのようなトイレは無料で使用できます。
 観光客が増え、混雑期で利用が集中するとトイレの利用も増えるので、それに見合った処理能力が必要になります。しかしながら、集中する観光利用に合わせた処理を行える施設をつくるとなると地元の負担が過大になるおそれが生じます。
 観光客の消費が地元に落ち、そこから十分な税収があがることによって、観光客用の処理能力がまかなえることになるわけですから、地元で十分に消費してもらえる仕組みがないと、観光客向けの利便施設が地元の負担になってしまうおそれが生じます。
 つまり、地元の身の丈に合った観光客数に抑えないと、地元にとってマイナスになるおそれがあるということです。これも、経済的収容力の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

適正収容力・地域容量

自然地域や観光地など、ある地域に過剰な利用が起こると、自然や地域の環境が損なわれたり、利用者が不快に感じたり、あるいは経済的な負担や損失が発生したりします。そして、結果としてその地域の魅力が損なわれることになることも少なくありません。

そのような問題を起こさないためにも、同時(あるいはある一定の期間)に地域に受け入れることができる限度の人数、あるいは望ましい受入れ人数を把握しておき、過剰な利用が生じないように利用をコントロールしてゆくことが肝要です。

これらを適正収容力(optimum capacity)あるいは地域容量(regional capacity)といいます。

わかりにくいと思いますので、具体的に例をあげて説明します。

例1:海水浴場の利用
 海水浴場の砂浜は、ビニールシートを敷いたりビーチベッドおいたりして利用しますが、そのほかに人が歩くスペースが必要となります。
 夏の鎌倉・湘南海岸など非常に混雑しますので、人がぎっしりと砂浜を埋め尽くし、隣にいる人(グループ)との距離はかなり近くなります。それでもお互いが支障なく利用できる状態にあります。
 そのMAX(最大限)のところが、物理的収容力(physical capacity)です。これは「1人当たり何㎡」という単位で表すことができます。

例2:湿原の利用
 現在、優れた植生を持つ湿原は、木道の上を歩くようになっていますが、木道が設置される前は、人数が少ないですが、歩きやすいところなどを選んで直接湿原の中に入って歩いていました。
 尾瀬のように有名なところは入山する人が増えるにつれて、つまり利用密度が高まるにつれて、歩いたところが踏み固められ、自然のままではもとの湿原の状態に戻らなくなってしまいました。
 その自然に回復できる限界のところが生態的収容力(ecological capacity)です。
 これは、例えば、単位面積当たりの利用人数で表されますが、短い時間に利用が集中すればより回復が難しくなりますので、利用人数の総量だけではなく、利用の集中度合にも注意する必要があります。利用が特定ルートに沿ったものであれば、通行量で表すことになります。
 芝生の広場は人工的につくられるものですが、利用密度が高まると損傷して裸地化してしまいます。芝生が回復可能な利用密度も生態的収容力として捉えられます。

例3:木道の利用
 湿原等に木道が整備されるとその上を歩くようになります。当然の帰結として、歩きやすくなるから利用者が増えます。尾瀬のような有名な人気のある場所ではシーズンにはかなりの混雑が生じることになります。
 せっかく自然の中にいるのに、木道の上で行列ができてまうとゆっくり自然を楽しめないし、自由に歩けない、ということになってしまいます。
 自然の中を歩いている印象が損なわれない限界の混雑の度合いがあり、そのようなものが心理的収容力(psycological capacity)です。
 木道を歩く場合には、歩いているグループ間の平均距離や単位時間当たりの通行量で表されます。草地の園地などで自由に腰をおろす場合には、グループ間の距離、グループ(あるいは1人)当たりの専有面積、単位面積当たりの利用密度などで表されます。

A100_1 この写真は、京都の鴨川の川床です。この写真の右端の方を見ると、2組のカップルと1組の女の子のグループが川べりに座っています。
(写真をクリックすると拡大されて見やすくなります。)
 彼・彼女たちは、隣のカップル・グループが気にならない程度の距離をとって座っています。これも、心理的な距離です。

以上の

 物理的収容力(physical capacity)
 生態的収容力(ecological capacity)
 心理的収容力(psycological capacity)

の3つは、適正収容力(optimum capacity)を表すには、わかりやすい概念です。もちろん個別に算定するには手間がかかりますが、それぞれの空間の特徴(広さ、環境、地表の状況など)と利用目的(活動の種類)によって、概ね決定されるものと考えられます。
物理的に過剰な混雑が生じれば、利用できない人が現れたり、待ち行列が生まれたり、人と人がぶつかりトラブルが生じたりします。生態的に過剰な利用は、自然環境の損傷となって現れます。心理的に過剰な利用は、体験の質を低下させ、魅力を低下させ、早く帰ってしまったり、来訪・再訪をためらわせる心理的な影響となって現れたりします。

これらは、適正収容力・地域容量を考える基本的なレベル(第一段階)といえます。

(次稿に続く:編集しなおしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2008年1月 »