« 2006年1月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年2月28日 (火)

観光地の俗化

『東海道人と文化の万華鏡』(中西進ほか、ウェッジ、2003)の中で、板坂耀子氏が大田南畝の『改元紀行』の中の次のような箇所を紹介しています。『改元紀行』は「大田南畝全集 第8巻(岩波書店)」に収録されています。下記の文は、これを見ながら、同じ箇所を私が抜き出したものです。

「大磯の宿を過て」(中略)「橋をわたりて、かの三千風[大淀三千風]がいとなみしといふ鴫立庵にいり、西行法師の像をみる。」(中略)「西行の杖なりとてあるは、なくてもありなん。例の三千風がかな文、かたへの石にゑりてたてり。笈さがしといへるもの見侍りし事ありしに、三千風が歌に、

  ありし世の鴫(しぎ)の羽おとはさもなくていまは沢辺に馬駕籠ぞたつ

といへるも中々まことの風情ならめ。すこし興さめたる心地して、西行堂のしりへより海づらをみわたせば、げにこゆるぎのいその波、たちさりがたき処なり。此庵なからましかば、あはれさもまさりぬべし。」

「西行の杖」といっているものは、「ない方がいいなぁ。」と言っています。どうせ偽物なんだからと思っているわけです。また、「庵の後ろに出て海を眺めたら、いい景色で、この庵がなかったらもっといいのに」とも言っています。

これに対し、三千風の歌にある「昔の鴫の飛ぶ風景はないけれども、今は海辺に馬方や駕籠かきが客待ちをしているだけ」というような様子の方が、かえってありのままの風情のようでよい、と言っています。

観光地の俗化の要因の一つは、本物でない余計なものがつけくわえられること、それによって観光者の想像する楽しみを損なってしまうこと、などにあるといえるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年8月 »