« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月 7日 (水)

七里四方

自分のすむ場所から七里四方でとれた旬の食材を使った料理を食べるのが身体によいとされています。人の身体は、住んでいる土地の空気、水、土からつくられるので、同じ土地で育った食材が身体にいいわけです。たまには変わったものを食べても、基本的には住んでいる土地のものを食べるのがいい、ということです。

たまに旅行に出るとよその土地のものを食べることになりますが、その土地の郷土料理や名物料理を食べるのは観光旅行の楽しみの一つです。地元の食材で新しく郷土料理をつくって観光振興に役立てようとしている地域が多く見られますが、地元の範囲をかなり狭く捉えていて、素材の選択肢を非常に少なくしているところも見られます。地元の範囲を七里四方と捉えると、きりがいいところで約30km四方ということになります。したがって、おおよそ30km圏域を地元と考えて素材を発掘して活かしてゆけばいいのではないかと思います。

ところで、この七里四方という言葉は、食材のことだけに使われているわけではありません。例えば、弘仁10年( 819)に、弘法大師は高野山上七里四方に結界を結び、伽藍建立に着手しています。また同じ年に、彦山霊仙寺(ひこさんりょうぜじ)は寺領として七里四方を嵯峨天皇から与えられ、彦山神領・彦庄が生まれています。

七里四方、つまり概ね30km圏域は、地域を捉える一つの単位となる大きさとしての意味を持っているといえるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »