« 生垣にみる地域性 | トップページ | 鳥瞰図絵師 吉田初三郎 »

2005年8月 7日 (日)

平安貴族女性の物詣

b 平安時代、貴族の女性が遠出をする機会は限られていました。その数少ない機会の一つが物詣であり、石山寺や長谷寺などに参籠しています。

寺のお堂に籠もり物思いするだけではなく、路次の風景が心を楽しませ癒しとなっていました。

写真は石山寺の「源氏の間」です。紫式部が参籠し源氏物語を書き始めたところと言われています。

|

« 生垣にみる地域性 | トップページ | 鳥瞰図絵師 吉田初三郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114690/5341823

この記事へのトラックバック一覧です: 平安貴族女性の物詣:

« 生垣にみる地域性 | トップページ | 鳥瞰図絵師 吉田初三郎 »