« 古代ローマの聖職者の旅行 | トップページ | 道の駅と日帰り温泉 »

2005年7月12日 (火)

道の駅とトイレ

各地に道の駅が設置され、平成16年8月時点で785駅の「道の駅」が登録されています。道の駅の制度ができたおかげで、それまで沿線に立ち寄るところがなかった町村にも立ち寄る場所ができ、自動車利用者にとって便利になりました。

道の駅にある施設は各地で様々ですが、どの駅にも共通し、一番重要な機能はトイレといえるでしょう。民間のドライブインのようなものであれば、トイレだけ利用させてもられるかな、何か買わないといけないのかな、などと気を使うことも少なくありませんが、道の駅では気兼ねなく立ち寄って利用できます。
さらに、トイレがきれいということも重要なポイントです。トイレが快適に利用できるかどうかで気分はだいぶ違います。

道の駅の中には、農産物の直売所や特産品等の売店、レストランなどを設置し、道の駅を地域振興にうまく結びつけているところが少なくありませんが、気軽に立ち寄ってトイレを快適に利用できるという点が、立寄り客を増やし、売上げに貢献しているわけです。

つまり、道の駅という看板が、きれいなトイレを気兼ねなく利用できるという安心感を情報化しているわけです。

しかしながら、最近、管理が行き届かない道の駅(のトイレ)が見られるようになってきています。それは利用者にとってマイナスになるだけでなく、放っておくと道の駅のイメージを低下させ、やがてそれが地域にとってマイナスに作用することになりかねません。

|

« 古代ローマの聖職者の旅行 | トップページ | 道の駅と日帰り温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114690/4933561

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅とトイレ:

« 古代ローマの聖職者の旅行 | トップページ | 道の駅と日帰り温泉 »