« 地域個性・地域らしさ | トップページ | 夏の庭 »

2005年7月26日 (火)

借景

敷地の外にある興味対象の眺めを、敷地内の風景の一部として取り込む技法を借景といいます。京都の円通寺からの比叡山眺めが代表的な例です。単に敷地外の対象を眺められるようにするだけではなく、見切りをつくって対象の一部を切り取って見せることで対象との距離感をなくすようにします。

b 写真は京都の正伝寺からの比叡山の借景です。塀と樹木が見切りとなっています。

 

b もう1枚の写真は正伝寺の外の畑の中からの比叡山の眺めです。2つを比べると、眺める場所の状況で風景の質が大きく変わることがわかります。眺望景観を引き立てるためには身の回りの景観(囲繞景観)の設えが重要です。

|

« 地域個性・地域らしさ | トップページ | 夏の庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114690/5161942

この記事へのトラックバック一覧です: 借景:

« 地域個性・地域らしさ | トップページ | 夏の庭 »