トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

山村の危機管理

貝原益軒の紀行文の木曾路での一節に次のような記述があります。

「山中にも道のほとりにも、とちの木多し。大木あり。・・・・・・実あり、楝子のごとし。土民とりて粉にし、餅として、飯にあてゝ食す。飢饉をたすく。其木、横紋ありて器に作るべしといへども、尾州より禁制ありてきらず。実を民の食物にする故なり。」

栃の木がたくさんあり、中には大木もある。器にするといいものができるけど、伐採してしまうと実がとれなくなる。そうすると、栃の実を餅にして食べている土地の人が困る。ことに、飢饉の時の大事な食料なので、なおさらである。だから禁制にして栃の木は切らせない。

というような意味です。栃に限らず実のなる木を山に残しておくと、飢饉の時の食料になります。種類が多ければ、よほどの異常気象でないかぎり、まったく実がならないということはなく、どれかの木に実がなります。
色々な実のなる木を残し、あるいは植えておくことは、山村の危機管理システムの一つと言えます。

栃餅といえば、思い出すのは、上越線の小出駅近くで買った栃餅が非常においしかったことです。その後も何ヵ所かで買って食べましたが、それに並ぶものにはまだ出会えません。

山形県温海温泉の萬国屋では、前日までに頼んでおくと、できたての栃餅を宿を立つ時までに届けてくれました。これはこれでおいしかったのですが、小出で食べたのには及びませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

観光客向け料金

最近は多少減りつつあるが、観光地に行くとビールや清涼飲料、食事などの値段が、都市部のものと同じような商品であっても高いことがある。

ビールや清涼飲料などは、山の上など特別な場所は別として、少なくとも一般的な自販機で設定されている価格と同じでないと、買うことにためらいが生じるし、何となくその観光地の印象が悪くなる。
食事の場合は、値段と内容が合っていればまだよいが、がっかりしたり、満足感が得られないものだと、だまされたような気になる。

近年、観光地の観光協会等への問合せに、「地元の人がよく食べる店を教えてほしい」というようなものが増えていると聞く。それは、値段と内容がリーズナブルであり、観光客向けの拵え物が出てくる心配がなく、地元らしさも感じられる、というような理由による。

先日、熊野古道へ行った時に、那智勝浦はマグロの水揚げが多いところなので、また、私がマグロ好きなので、駅でバスを待つ間の短い時間に、急いで駅前の店で食べた。
店の人が本マグロのいいのが入っているというので、中トロ丼を頼んだ。

これが失敗だった。マグロが非常に少ない。
結局、後で駅から少し離れたところにある店でマグロ丼を食べ直した。これは値段と比べて充分満足がいくものだった。

思い出す昔の失敗談は、「柿の葉寿司」である。
吉野へ花見に行ったとき、朝食はしっかり食べたのだが、ケーブルで上がって歩き始めたらお腹がすいてきた。昼まではまだ時間があるが、この先、坂道を登るので何か食べようと思い、町並にある1軒の店で、すぐ食べられるものはないかと尋ねた。すると、「柿の葉寿司ならすぐ食べられます」という返事。店先の見本と値段を見て、これならばいいか、ということで店に入った。

柿の葉寿司が出てきた。包んである柿の葉を開けた。
「なんだこれ!」
ネタが非常に小さい。見本とはかなりの違いである。
こういうときは、うまくない。食べてすぐに店を出る。二度と喰わないぞ。

こういうことが観光客の消費を減退させ、観光地を徐々にむしばんでゆく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

「観光」という言葉 4

※※※「観光」という言葉 1~4 に若干補足して、一つにまとめました※※※

        こちらをご覧ください → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

「観光」という言葉 3

※※※「観光」という言葉 1~4 に若干補足して、一つにまとめました※※※

        こちらをご覧ください → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

「観光」という言葉 2

※※※「観光」という言葉 1~4 に若干補足して、一つにまとめました※※※

        こちらをご覧ください → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

「観光」という言葉

※※※「観光」という言葉 1~4 に若干補足して、一つにまとめました※※※

        こちらをご覧ください → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年7月 »